• トップ
  • 院長挨拶
  • 診察情報
  • Information

院長挨拶

院長先生の写真

私は長年、循環器専門医、内科専門医として診療活動を続ける中で、疾患の再発予防や病気にならないように予防することがより重要と考えておりました。

現在の医療で、日常的に行われている治療行為や投薬を第一義的に行うパターンではなく、1に運動、2に食事、3に睡眠(休養)、4に薬、の順で、生活習慣改善の指導を優先し積極的に取り入れることです。

そして平成16年 心疾患、生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症、メタボなど)の総合的な診断、治療を目的にクリニックを設立しました。

診断し投薬に重点を置いて治療するという従来の医療のパターンではなく、その根本にある予防(再発予防を含む)の領域を優先し、生活習慣の改善の指導を積極的に取り入れて診療活動を行っています。特に1の運動を、予防や治療に取り入れることに重点をおいています。

現在 長崎内科クリニックにドクターズ・フィットネスNASAを併設し、医療と連携して運動療法を積極的に取り入れて診療活動を行っております。内容については、Drs.フィットネスNASAのHPをご覧下さい。

当院が、疾患の予防や治療に積極的に運動を取り入れるようになった二十数年来の経緯は、院長のブログの中で少しずつお話していきたいと思っております。興味のある方はご覧下さい。

院長略歴

  • 長野県松本市出身
  • 昭和46年横浜市立大学医学部卒
  • 昭和46年〜58年
  • 虎の門病院内科レジデント
  • 虎の門病院循環器センター医員
  • 昭和58年〜平成16年
  • 焼津市立総合病院
  • 循環器科科長、医務部長、副院長

院長資格

  • 日本内科学会認定-内科専門医
  • 総合内科医
  • 日本循環器学会認定-循環器専門医
  • 日本体育協会認定スポーツドクター

院長のスポーツ関係の経歴

  • 清水エスパルス・チームドクター(フィジカル担当)
  • 前バンフォーレ甲府・チームドクター(フィジカル担当)
  • 前日本トライアスロン協会医事委員
  • 日本サッカー協会、日本代表チーム(岡田ジャパン)のフィジカル・アドバイザーなど歴任
ページトップへ